GBE体験談2 (バーレーン)

  • HOME »
  • GBE体験談2 (バーレーン)

GBE体験談2 (バーレーン)

SYはElectiveのexamの日程が自由裁量のため、ほとんどの人がexamを早めに終わらせてGBEが始まる前に旅行をはさみます。

私も金曜から始まったexamを日曜の午前中に終わらせて、ロンドン半日観光、エジプトでカイロ2泊、寝台列車1泊、ルクソール2泊を経て、バーレーンのマナマに到着しGBEに加わりました。バーレーンGBEの参加者は引率の教授1名プラス教授の奥様、生徒(全て2年生)28名とパートーナー2名(内1名は昨年卒業したDarden Class of 2009)の計32名です。

出発前にBrief Bookを各自がTopicを担当し作り上げます。私はバーレーンの教育制度担当しました。このBrief Bookを使って訪問前の最低限の知識を得ることになります。

私が前年に参加したブラジルGBEでは、Dardenの提携先のschoolで講義を受けるかたちでしたが、バーレーンGBEはほとんどフィールド・ワークとなります。

スケジュール

1日目:
– 夕刻到着後、ホテルの支配人主催でプールサイドでパーティー

2日目:
– Kuwait Finance House (KFH)
– National Bank of Bahrain (NBB)
– Bahrain National Museum

3日目:
– Arab Shipbuilding and Repair Yard (ASRY)
– Bahrain Bay
– Sunset over Saudi (Saudi Arabian Causeway)
– ベリーダンス・ディナー

4日目
– Bahrain Stock Exchange (BSE)
– Central Bank of Bahrain (CBB)
– the Bahrain Currency Museum
– the Grand Mosque
– Shopping in the old souq

5日目
– Bait al Quran (Museum of the Koran)
– Gulf Petrochemical Industries Company (GPIC)
– A Night in the Desert

6日目
– Bahrain Petroleum Company (BAPCO)
– Oil Well #1 and the Oil Museum
– Coca-Cola Bottling
– Dinner 4 and 5 in the homes of GEDP alumni

7日目
– The Royal Golf Club
– Bahrain For
– Camel Farm
– Horse races
– Riffaa Fort at sunset

8日目
– Durrat Al Bahrain
– Bahrain International Circuit
(サプライズ企画でF1開催中のサーキットを訪問しGP1とスーパーカーのレースを観戦!)

感想

バーレーンは中東にある島国です。現在は産油国ですが将来の資源枯渇を睨み、金融に非常に力を入れています。Bankや主要機関のトップ層は軒並みUKやUSへの留学を経験していることも印象的でした。

イスラム教国ですが相当リベラルで、週末になるとサウジアラビアやカタールなど近隣の国からやってきた人が肉を食べたり酒を飲んだりし、ナイトライフを楽しむという一種の治外法権になっています。

Bahrain BayやDurrat Al Bahrainなどの大規模埋立地による開発はドゥバイを彷彿とさせますが、入居者の大半がバーレーン人で外国人では無いことやファイナンスが短期の外資借入ではないなどドゥバイとは違うことを強調していました。非常に移民の比率が高く(特にインド人)私の感想としては香港やシンガポールとの類似性が見受けられました。

なかなかイスラム圏に行く機会が無い中で、GBEでは現地の主要プレイヤーと交流する機会があり、単なる観光では得られない経験ができます。

また、Dardenはクラスのサイズが小さいもののそれでも余り話したことが無い人達もいます。SYのこの時期に、そのような連中とじっくり知り合う最後のチャンスとしてもDardenで学ぶ機会がありましたら是非参加されることを勧めるプログラムです。

 

a466ab30 05500a71 21f12df0

サイト内検索

関連情報

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.